泉質について

泉質について

温泉成分総計9.418g/kg!成分の濃い源泉です!

愛媛の温泉 成分表を見る

弘法大師により、かの地に授けられたといわれる豊かな地下資源の恵み

この地、南道後には「杖の淵」という泉があります。その昔、弘法大使が当地を巡錫(じゅんしゃく)された時がたまたま大旱魃(かんばつ)で、里人は飲む水にも困り果てていました。そこで大師は手にした錫杖(しゃくじょう)で 地を突き祈念したところ、水が涌き出て大きな泉となり人々の窮地を救ったという伝説があります。現在も枯れることのないその泉の流域一帯には松山市の天然記念物にも指定されている「ていれぎ」が沢山自生しております。古来より、お遍路さんも行き交う清らかな泉のあるこの里の、地下1200mから湧き上がる四国地方では珍しいナトリウムとミネラルを豊富に含んだ癒しの湯をゆっくりお楽しみ下さい。

愛媛県松山市の温泉

黄金湯

自噴する源泉は成分が豊富なため、空気に触れると金色に輝く黄金湯になります。

露天風呂の金泉では、地下1,200mから自噴する成分たっぷりの源泉をお楽しみいただけます。
源泉の黄金色は源泉に含まれる「鉄分」の色です。陽イオンであるナトリウムイオン3,287㎎、 陰イオンである塩素イオン5,269㎎、炭酸水素イオン438mgと成分を豊富に含んだ療養泉は「塩の湯」「熱の湯」と称され、体内に成分効能が及びます。

源泉かけ流し 金の湯

自噴原泉

自噴する源泉は成分が豊富なため、空気に触れると金色に輝く黄金湯になります。

極めて稀なる自噴する源泉

極めて稀な地下1,200mから自噴する源泉。成分たっぷりの源泉は大地の神様の授かりもの。

地中深くに眠る地下資源に届いた管を通し地中圧により松山市中野町甲853番地鉱泉地に噴き上がる。
太古の全ての鉱物が多様な成分に変化し源泉となり噴き上がる神秘。
大切に感謝の気持ちで有効活用につなげてゆきます。

温泉の泉質・成分

営業時間

  • 源泉名:南道後温泉第1源泉
  • 泉源:松山市中野町甲853番地地下1200mから自噴
  • 泉質:ナトリウム-塩化物温泉
  • 泉温:40.5℃
  • ゆう出量:測定不能(稀なる泉源自噴の為)

成分表を見る

ていれぎの湯は、道後平野の南方南道後温泉です。極めて稀な敷地内地下1,200mから自噴する成分たっぷりの源泉は弘法大師により、かの地に授けられたといわれる豊かな地下資源です。

成分総計9.418g/kg。他の温泉と比べても成分の濃い源泉をご堪能ください。
公衆衛生からの強制塩素殺菌規制は最小限の数値に止めておりますので、源泉本来の泉質をお楽しみいただけます。

適応性 効能

松山の温泉 適応性 効能

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期。疲労回復、健康増進、きりきず、うつ状態、皮膚乾燥症

トラフグが育つふしぎの温泉

愛媛県松山市のトラフグが育つふしぎの温泉

四国愛媛の温泉で初!トラフグが育つふしぎの温泉!

ていれぎの湯は塩素イオンが5,269mgと数値で海水に近いため、施設入口の水槽でトラフグが育つか試しました。
養殖の経験も知識もなく悩み苦労を重ねましたが、1年で5分の1の確立で育ちました。大きなものは30cm近くにまで成長しました。

※現在は飼育を中止しております。